玄関にきうそ。

玄関の見直し2回目。

靴箱の上に鎮座ましますきうそさん。
「木うそ」
太宰府と書いてあるので太宰府のものなのだろう(あやふや)

d0161575_12272243.jpg


縁あって我が家にきたのですが、ドアを開けたら彼と目が合ってしまい何やら落ち着かない私。
そんなに後ろめたいことはないはずなのになぁ~(笑)

リビングか寝室にでも来てもらうか・・・私が慣れるか。どちらかですけどどうしましょ?





一緒に頂いたパンフレットを読んでみた
「木うそ」は鷽という実在の鳥がモデルで、太宰府天満宮や菅原道真、祭事に参加した人々を救うとされ
身に降りかかる災いを除いてくれるありがたい鳥、天神さまのお使いと言われています。
この鷽を木でかたどったものが「木うそ」です。
木うそは、神事の祭具であるとともに、太宰府を代表する伝統的な民芸品で
昭和58年に福岡県知事指定特産品に指定されています。
が、すたれちゃって平成10年に保存会が発足。
現在も太宰府天満宮とともにその活動を続けています。
しかも、木の切り出しからだから1年以上かかってる・・・(厳密に言えば木の育成から)

なんだか、偉いやつだったのね☆
やっぱり玄関で睨みをきかせてもらうかな・・・う~ん。
[PR]
by bhma-bhma | 2012-09-12 12:27 | おもう