粘土遊びの回でした☆

2歳児の支援センターの日です。

子どもの活動(今回はメインが粘土遊び)を観た後、親だけ別室で、子どもの様子をみた感想と簡単なお勉強(?)をするのですが
前回、防衛反応で今回は、感覚について(聴覚はまた別の日に)

言葉が遅いなど…発達のバランスや速度が遅い子どもは
感覚が一般より、鋭敏だったり逆に鈍感だったりすることが多く
他の子は、なんなく出来ることができなかったり、逆にいつまでもしていたり、親が不安に思う行動が多くあり、それが育てにくさにつながることがあるらしい。

我が家の2歳児の場合、水遊びかな?(いつまでもやってて怪し~い雰囲気☆)
いつまでもやる→いつまでやっても満足できていない。
ってことで、満足を感知するところが鈍感(乱暴に言っちゃうと☆)ってことらしい。

後、手が汚れるのをすごく嫌がったり、触られるのが嫌だったりするのも、感覚の鋭敏さからくるもの。ただし、この2~3歳ではどんな子でも多少はあって、一過性の場合も多し。
(ご飯粒が手につくのがとっても嫌で、犬食いしたりするのもこの頃。そして汚れない食べ方を学習する)

どこの感覚が鋭敏で鈍感なのか、防衛反応(おおまかに3種類あったかな)を示しているのかどうか
言葉がハッキリしない分、よく観る必要があるんだそうな。


言われると、「ま、そうだよな」と思う、そう難しくない内容なんだけど
親って、ついつい他の子と比較することに終始してしまい、客観的に観察することはあんまりないので
嬉しい機会です。


ただ、私。何回も言いますが~自転車なので、雨だと非常に困ります(泣)
今日は雨。
次回は晴れて…せめて曇り。いや、大ぶりでなければ!!いいんだけどなぁ…




d0161575_15531594.jpg








にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
[PR]
by bhma-bhma | 2011-05-23 14:58 | おもう