地震


11日午後2時46分ごろ、宮城県沖で起きた地震について、気象庁は地震のマグニチュードを8.8と修正した。国内最大規模とみられる。同庁は当初7.9と発表、その後マグニチュード8.4に修正していた。 



 M8.8の地震のエネルギーは、6000人以上が犠牲になった阪神大震災(M7.3)の約180倍に当たる。



 関東から近畿にかけて大きな被害をもたらした1854年の安政東海地震と安政南海地震では、いずれもM8.4を記録した。



 一方、米地質調査所の解析では、今回の地震はM8.9。1900年以降に発生した世界の大地震は、1960年にチリで発生したM9.5が最大で、今回のM8.9は5番目の規模。 


::::::: :::::::: ::::::: :::::::



私の住んでいるところは、揺れる事もなく、津波の警報だけが出ました。

東京の妹は、たまたま仕事が休みで家にいて、すぐに連絡が取れました。
余震が繰り返しくるし、電気もガスも止まって寒いから、布団をかぶってケータイで情報を得ていると、言っていました。
横浜の親戚は、バスにもタクシーにも乗れなくて、家に帰れないため、職場に泊るということでした。
仙台の友人とは、連絡がつきません。
きっと無事であると、祈るような気持ちで彼女たちのことを想う事しか出来ません。


d0161575_10241984.jpg

[PR]
by bhma-bhma | 2011-03-11 21:05 | おもう