涼しい部屋で本を読む。

ただいま、

断捨離/やましたひでこ

と、いう本を読んでます。

モノの片づけを通して自分を知り、心の混沌を整理して人生を快適にする行動技術
なんだそうです。

d0161575_13285121.jpg


まだ、読んでる途中なので、なんともいえませんが

この本、読んでたら義母を思い出します。

義母はいわゆる「捨てられない人」
子供達の(夫&姉妹)30数年分はおろか過去のモノまで上手に詰め込み、積み上げ保存しています。
で、7~8年くらい前、子供部屋がそのまんまで邪魔だろうしって事で私と夫の妹で大片づけをしたのです。
最初は「アラ、ごめんなさいね~助かるわ」なんて余裕だった義母。
でも、ゴミ袋がドンドン増えていくに従って表情はドンドン険しく…
しまいには
「もう~捨てないで!!自分が捨てられるみたいで辛い!」と、悲鳴のような声を出して
ゴミ袋、部屋へUターン☆

今もその時のまんま部屋に置かれてマス。

義母は生みの親と育ての親と2人お母さんがいる方。
自分が本当の親に捨てられた。という意識が強いために、自分の所有しているモノを手放す行為(いらないと切り捨てる行為?)が大変、苦痛なんだそうです。

まぁ袋に入ってる分、それ以上埃はつかないからいいか~って感じで私達もほっといてます。
…同居じゃないから言えるセリフではありますが(笑)

そんな感じで、人とモノの間には色々とイロイロとあるようなのです。
嫁姑のもめ事も半分はモノ絡み…

そんな我が家の母と祖母の話はまたの機会に。

あぁ~蒸し暑いのに、暑苦しい話。思い出しちゃった~




ランキング参加中。
クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
ありがとうございます!!
[PR]
by bhma-bhma | 2010-07-03 14:04 | おもう