油そーめんとソーメンチャンプルー

「油そーめん作るよ」と、友人を家に招待したら


d0161575_22411489.jpg



「おいしそうなソーメンチャンプルーだね」って言われました。


そう言えば、確かに名前は違うけど似たり寄ったりな気がする2つの料理。
2つのソーメン料理の境はどこなのか。(おおげさな)
作った人間の出身地で違うのか。(意味不明)
なんだかハッキリすると私の気分がスッキリしそうなのでウィキーにお伺いしてみたら

『油そうめん(あぶらそうめん)は奄美大島や徳之島など奄美群島の郷土料理である。油ぞうめんともいい、明治時代に広まった。

作り方は、固めに茹でた素麺に油をからめる。これに塩・コショウや醤油で味付けし、金糸卵、炒めたピーマンなどの野菜・豚肉などを盛り付ける。油にからめるため麺がくっつかないのが特徴。

沖縄のソーミンチャンプルーは油で炒める度合いが多く焼そば風であるのに対して、奄美の油そうめんは油とだし汁を乳化させ、イタリア料理で言うところの「マンテカーレ」同様、茹で上がった麺とだし汁を絡める。 具はニラのみでシンプルに仕上げることもあり、各家庭のお袋の味的な郷土料理である。』とありました。

なるほど!今日の料理は軽くゴマ油で炒めてソーメンのツユ(ストレート)をたっぷり入れて煮立ててます。

結論・・・今日のコレは油ソーメン!




と、いうのも・・・以前、奄美大島に2年間住んでいて、地元の居酒屋のおばちゃんに作り方を教わったやつだから(早く言えって?)

作り方は簡単。
昨夜の残りのソーメンを水でさっと洗う。残ってなかったら茹でて水でしめたもの。
具はちりめんじゃこ、二ラなどなんでも。食べやすいサイズに細切りにする。
ごま油で具を炒める。火が通ったらソーメンを入れる。軽く混ぜ合わせたら
ソーメンのツユ(ストレート)を回しかけて出来上がり♪

冷ソーメンに飽きてきたらこちらもどうぞ~
意外とつるつるいけますよ☆

そして、こちらもクリックいただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪

二日酔いの朝に食べる油ソーメンは格別。と、夫が言ってマス。
良かったらお試しを~
[PR]
by bhma-bhma | 2010-05-17 22:49 | おいしい